【アニメ】「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」レビュー

概要

Webページ:
TOP | TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』公式サイト

 

赤坂アカ氏のマンガが原作。

アニメ化時点では原作は未完。

とはいえ、毎回基本的に1話完結のストーリーであるため、あまり関係ないような気はする。

また、実写化も決まり、映画が上映中。 

 
 

人に勧められるか?

5点中5点。

もう文句なしに勧められる。 

恋愛の駆け引きがネタであるので、誰にでも分かりやすいということが大きい。

また、キャラの個性が光っており、おもしろさを引き立てている。

普段からアニメをみる人間であろうと、そうでなかろうと勧められるというものだ。

もし、勧める相手がまだ見ていないというのであれば、間違いなく勧める。

気になっているのであれば、見て後悔することはないだろう。

 
 

ストーリー

エリートたちが通う高校・秀知院学園の生徒会長・白銀御行と副会長・四宮かぐやはお互いがお互いを好きである。

…が、お互いの高いプライドが自分からの告白を邪魔していた。

それが高じた結果、御行とかぐやは、いかに相手に告白させるか?という頭脳戦に発展しつつあった。

御行とかぐやは、付き合うことができるのか?

 

基本的に、本作はギャグアニメである。

また、生徒会メンバーは4人いるが、4人が4人みんな個性的。

とてもおもしろい面々である。

生徒会室の中だけで、それもキャラのやり取りだけで進むストーリー。

だが、キャラが個性的であるので、これが最高におもしろいのである。

しかも、主な題材は恋愛の駆け引きである。

この題材はたいていの人に理解しやすいネタだ。

これはおもしろいに決まっている。

 

恋愛は戦、とは少々過激な表現かもしれない。

しかし、実際の恋愛においても、告白したほうが告白されたほうに引け目を感じてしまう…というのはある。

なお、後半にいくほど恋愛頭脳戦らしさは徐々に消えていくのだが、おもしろさはあまり変わらない。

前半の恋愛頭脳戦がメインのストーリーもおもしろいが、キャラ性で進む後半のストーリーも十分におもしろい。

どちらが好きか?という好みの差はあるかもしれないが。

 
 

演出

ギャグのテンポや切り替え、演出がおもしろい。

ギャグ自体もおもしろいのだが、演出がそれをうまく引き立てていると感じる。

また、OPをはじめとして、御行とかぐやが武器を持ってお互いが向き合っている描写は、このアニメで繰り返し言われる「恋愛は戦!」を体現している。

 
 

音楽

まずOPの鈴木雅之氏が意外すぎる。

それでいて妙にマッチしていておもしろく、そしていい曲である。

一度聞いたら忘れられない。

 

また、話題になった3話EDの藤原千花の曲、そして映像がいい。

作画枚数が多く、ぬるぬる動き、そして妙に力が入っているのである。

これもまた、一度見たら忘れられない。

いや、こちらは何度となく見たくなる。

 
 

個人的に刺さったシーン

第1話の、「今後もう会長から誘われることはないかもしれない…!」というセリフである。

声優のなせる技か、このセリフがやたら可愛く聞こえるのだ。

なんて卑怯な。

繰り返しここだけ見たい。

 

そして、またまた第1話の、御行とかぐやの弁当の交換のシーンだ。

牡蠣を差し出すかぐやに対し、それを断る御行。

そしてかぐやの反応がとてもおもしろい。

 

さらに、11話のかぐやと早坂愛のやり取りがおもしろい。

IT音痴のかぐやと、それに振り回される早坂。

早坂の気苦労がうかがえる。。。

 
 

まとめ

以上のことから、単純に誰でも楽しめる本作である。

そりゃあおもしろいはずだ。

キャラクターで売ってるアニメのはずなのに、なぜこんなにおもしろいのか?「ブレンド・S」とはなぜ、こんなに違うのか?

ありえなさそうとはいえ、ちゃんと設定に矛盾がないことだろうか?

まだ、その違いは今のわたしには分からない。。。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です