【OVA】「絶対衝激 〜PLATONIC HEART〜」レビュー

概要

Webページ:
Webページなし。
※インターネットアーカイブは残っているが、Flash Playerがないとまともに見れない。

複数企業が参加し、メディアミックスコンテンツとして展開されたプロジェクト。

その中で制作されたOVAである。

キャラクターデザインは優秀だったが…。

 
 

人に勧められるか?

5点中1点。

いろんな意味でとにかく衝撃的すぎた。

B級映画のアニメ版とも言えるような内容だし、褒めるところが本当に何もない。

駄作好き以外は見る必要がまったくない。

 
 

ストーリー

女子高生の伊勢島 綾は、高校からの帰り道に2人の女性の戦いの場に遭遇する。

2人は、プラトニックハートという、集めればなんでも願いが叶うという宝石を集めるため、戦っていたのだ。

戦っていた巫女・香月 美子を助け、友達になったが、美子は翌日に行方不明になってしまう。

美子を探すため、綾はプラトニックハートをめぐる戦いに参戦していく。

 

ストーリーと演出にツッコミどころが多すぎてツッコミが追いつかない。

細かく書くとキリがないのでまとめるが…ひとつは、たった5話しかないOVAであるため、急展開すぎる場面がいくつもある。

ふたつめは、最後のネタバラシのシーンで、ほぼ会話劇のみで説明されるため、視聴者の理解が追いつかない。

もっと回想や図を使わないと、そもそも何を言っているのか理解できない。

みっつめは、とにかく女性の扱いが中途半端に酷い。

リョナ向けだとするとちょっと物足りないし、逆にそういう趣味がない人には不快な内容になるだろう。

 

ぶっちゃけ、戦闘中に女性の裸を露出させまくることのみが目的のアニメである。

が、この後に書くがそれすら満足にできていない。

うーん、予算が足りなかったのだろうか。

 
 

演出

拳がぶつかっただけでシャツやスカートがとにかく破れる。

紙でさえあんなに破れない…あの世界の服はオブラートか何かでできてるんじゃないのか、と思うほど。

だが残念なことに、破れまくるのにその女性陣が色気に欠ける。

洋服の破れ方も、女体の描き方にも色気が足りない。

10年前の作品であることを考慮しても足りない。

 

もういっそR-18作品にして、もっと過激でエロを意識した描写をしたほうが、売れたし人気が出たのではないだろうか。

そこを工夫すれば、クイーンズ・ブレイドや、ちょっと例えが古いが…ヴァリアブル・ジオに近い作品になれたかもしれない。

このアニメの制作スタッフは、女性の服が破れて露出する=エロいとでも思っているのだろうか。

小中学生はそれでいいかもしれないが、18歳にもなればそれだけでは足りないことぐらい分かるはずだ。

 
 

音楽

まったく印象に残ってないのでノーコメント。

強いていえば、エンディングのキャラデザが本編と違ってたなぁ、くらい。

 
 

個人的に刺さったシーン

第5話の、これまで戦ってきた相手がまとめて出てきたシーンだろうか。

なんやかんやでリョナ好きなので。

とはいえ、R-18作品ではないので物足りない感はあったが。

 
 

まとめ

ストーリーも演出も光るところがない。

そして、エロを意識させたかったのだろうが、そのエロの描写も欠ける。

もし見るのであれば、みんなでツッコミしながら見たら楽しめるかもしれない。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です