【アニメ】「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」レビュー

概要

公式ページ:
少女☆歌劇 レヴュースタァライト
※演劇も含む 

ブシロードネルケプランニングが進めるメディアミックスコンテンツ。

あくまで演劇の公演が原作らしい。

個人的には演劇にはあまり興味がなく、これまでも見たことがない。

本作も演劇を見に行きたいとはまったく思っていなかった。

…とはいえ、アニメ化したタイミングで、売れているコンテンツみたいだし、せっかくだから見ようかな、と。

宣伝大好きブシロードのゴリ押しの可能性も否定できないけど…。

 
 

ストーリー

演劇学校・聖翔音楽学園に通う華恋たち99期生が、毎夜、学園の地下の演劇場で繰り広げられる決闘・レヴュースタァライトに挑み、互いに戦う。

そんな中、華恋は夜の聖翔音楽学園で見覚えのないエレベーターの存在に気づく。

そのエレベーターの行き先は地下劇場であり、そこでは毎夜、選ばれた少女たちが「レヴュースタァライト」という決闘を繰り広げていたのだった。

 

ぶっちゃけると、ストーリーはぼやけた印象を受ける。

おそらく、キャラ同士の会話の応酬がとてもふわっとしてるせいだと思う。

スタァになりたい、というのは分かった。

けど、何を目指して(何を目的として)この人たちは会話をしているんだろう?というような会話が多いのだ。

はっきり言ってしまえば、みんなスタァになるのが目的なのであって、それであればレヴューで誰にも負けるわけにはいかない。

ただそれだけ。

…となれば、基本的には会話はいらないはずだ。

 

だが、一部のキャラはカップリングというか因縁というか、そんな関係をもつキャラが何人かいる。

そのカップリングについてはきっと会話は必要かも…しれないが、やはり印象は薄かったと思う。

ふわっとした会話のせいだろう。

 

だが、最初の記述と矛盾するようであるが、根本としたストーリーは実はかなりしっかりしている。

なぜ華恋はレヴューに挑んだのか?

(繰り返される期間の中で)なぜ今回の華恋は煌めきが強いのか?

なぜひかりはスタァになった時、あんな願いをしたのか?

細かなツッコミどころはないではないが、ちゃんと説明がついている。

そして、途中の細かなサブシナリオはさておき、展開は王道っぽくとても分かりやすいのだ。

…が、会話劇がそれをぼやけさせてしまった。

そんな印象を抱いた。

 
 

演出

画面の魅せ方がとてもうまいと思った。

レヴューの前の「アタシ再生産」のバンク、戦闘シーンのカッコよさ、レヴューのステージのデザイン、などなど、とても力が入ってたと思う。

ワイヤーアクションのバトルも迫力があったしね。

そのほかだと、現実の水族館の描写もとても細かく、聖地巡礼のしがいがありそうだったし、煙が巻き上がるシーンもとてもリアリティがあった。

そう、かなり原画に力が入ってると感じた。

総じて画面の魅せ方がうまいのだ。

なので、ストーリーが多少つまらなくても惹きつけられる。

 
 

音楽

演劇原作のアニメだからか、劇中歌もとても力が入ってる印象だった。

個人的には「Star Devine」がお気に入り。

思わず、OPとEDと合わせてダウンロード購入してしまった。

ぶっちゃけ「Star Devine」ってどういう意味だよ、と思わないでもないが。。。

多分、意味よりは言葉の響きを重視したんだろう。

その程度では曲のよさは変わらない。

 
 

個人的に刺さったシーン

やはり戦闘シーンだろう。

画面の魅せ方にこだわっているのがよく分かった。

そのほかだと…終盤、ひかりの行方に気付いて華恋がレヴューのステージに向かうシーンだろうか。

それまでずっと探していた友達の行方が分かって、かなり感情がこもってた。

…まぁ声優さんはわりと棒気味なのだけど。。。

 
 

その他の補足

ときどきではあるが、やはり声優が棒っぽいのが気になると言えば気になる。

演劇の時はどうなんだろうか?

 
 

人に勧められるか?

5点中3点。

画面の魅せ方は素晴らしい…が、やはりストーリーがぼやけた印象になってしまってるのが残念。

よくも悪くも、魅せ方にこだわるというところで、演劇っぽさが強かったのかもしれない。

演劇版と見比べたいところ。

アニメ的には、これを見て「演劇見に行きたい…!」と思わせられたら勝ちだろう。

 

…とはいえ、わたしはお高いチケットを購入して見に行きたいかと言えば、Noだった。

ちなみに内容を見るだけならライブビューイングという手もある。

わたしはライブビューイングが好きじゃないので、見に行かないけどね。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です